業者選びをする前に知っておきたい!?外壁塗装のよくある疑問を解決しよう

当サイトでは業者選びをする前に知っておきたい、外壁塗装のよくある疑問にお答えしています。
外壁の塗り直しに関して不明点がある場合には役立つ可能性があります。
アクリル系の塗料は外壁の塗装の中でも最もグレードが低く安価な塗料です。
費用を抑えて塗装する必要がある場合の選択肢の1つとなります。
外壁の塗装は見積もりを複数の塗装会社に依頼して、相場を把握するのがおすすめです。
そうすれば納得の施工料金で塗装が出来る可能性が高まります。

業者選びをする前に知っておきたい!?外壁塗装のよくある疑問を解決しよう

外壁塗装の業者はどう選べば良いか、というよくある疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
外壁塗装はハウスメーカーや工務店に依頼することができるほか、リフォームの専門業者や塗装店などで対応していることもあります。
塗り直しをしたい建物がある地域に対応している複数の業者に見積もりを依頼し、料金やサービス内容を比較して選ぶのがおすすめです。
また利用した人の口コミを参考にして、評判の良いところを選ぶと良いでしょう。

塗料のグレードなどにも左右する!?外壁塗装の費用はどれくらいが目安?

外壁塗装で用いられる塗料は、グレードによって価格に差が出てきます。
最もリーズナブルと言われているのがアクリルです。
アクリルの相場は70万円ほどとなっています。
値段も手ごろで塗り替えのスパンも10年ほどと、比較的長いウレタンの場合は70万円前後が平均価格です。
光沢感があり美しい仕上がりになると人気のシリコンは100万円前後が相場となっています。
近年、高いグレードとして注目を集めているのがフッ素樹脂です。
傷に強くはがれにくく、汚れも水で簡単に落とすことができ、さらに断熱性も期待できるという高性能が特徴となっています。
このフッ素樹脂で外壁塗装を行った場合の相場は、1㎡当たりにつき3000円〜5000円、総額150万円前後です。
住宅の大きさなどで外壁塗装の価格は変わってきますが、塗料の種類によってこれだけ相場に違いが出てきます。
塗料の色だけでなく、効果や予算に合わせて適切なものを選ぶようにしましょう。

外壁塗装で比較的使用されることが多いのがシリコン系塗料

外壁塗装で使用される塗料としてスタンダートになっているのがシリコン系です。
このタイプはコンクリートやモルタル仕上げ、リシン、各種サイディングなど様々な壁面に使用できるため、多くのメーカーが取り扱っています。
カラーのバリエーションが豊富なのもポイントです。
お手ごろな塗料としてアクリルやウレタンなどがありますが、これらのタイプは耐久年数が短いと言われています。
アクリルだと3年から5年、ウレタンで5年から10年ほどです。
シリコン系は7年から15年ほどの耐久年数があるとされているので、比較的耐久力が高いと言えるでしょう。
塗料によってはセラミックが配合されており、汚れが雨で流れやすい機能がプラスされています。
外壁塗装というと塗料の強い匂いが気になるという方も多いですが、シリコンは他のものよりも匂いが少ないので敏感な方も安心です。
カラーが豊富で仕上がりが良い、さらにコストパフォーマンスにも優れていることから人気の塗料となっています。

外壁塗装は一般塗料と機能性塗料の2つに分類される

外壁塗装を行う理由は、まず建物の外観を維持したり、美観を良くしたいニーズがあるからです。
それ以外にも外壁の劣化を防ぎ、建物の寿命を延ばしたいからも存在します。
なお外壁塗装を行う上では、一般塗料と機能性塗料の2つに分類され、それを外壁の箇所ごとに使い分けているのが現場の取り組みです。
その違いはまず一般塗料の場合は、オーソドックスなタイプで着色を付けることを目的にするタイプとなります。
そして機能性塗料は、防火や防水などの性能が高かったりするなどの機能性に優れた素材でできた塗料となります。
大きな違いは費用面があり、一般塗料の方が割安で機能性塗料は割高です。
当然に現場ではそれらを使い分けることで、コストをカットするなどして対応をしていきます。
外壁塗装では美観を維持しながらも機能性を発揮できることが重要で、それにより建物の劣化が防げ、その寿命を長くすることが可能です。
塗料がこうした2つに分類されることを外壁塗装を依頼する前には、知っておくと良かったりします。

外壁塗装の一般塗料はグレードが上がると耐用年数が長くなると同時にコストも上がる

外壁塗装は一口にいっても塗料の種類が豊富ですが、一般塗料はグレードが上がるにつれて耐用年数が長くなるのと同時に、コスト上昇に繋がることも避けられないのではないでしょうか。
外壁塗装は10年に1回といわれていますが、これはあくまでも一般的な塗料を使用した場合の目安で、グレードが上がると違ってきます。
勿論、直射日光を受けやすいかどうか、交通量の多い道路に面しているかといった条件も寿命を左右します。
しかし外壁塗装の寿命は塗料で決まるところが大きく、グレードで決定づけられると言っても過言ではないです。
上のグレードを見ると一気に単価が高くなるので、予算的に厳しくなるケースが出てきます。
ただ耐用年数も長くなるので期待できる寿命も向上しますから、外壁塗装の一般塗料選びは予算との兼ね合いということになります。
10年に1回塗り直した方が良いか、コストが上がっても長持ちするものを選ぶかどうかは考え方次第なので、まずは予算を決めて家族で話し合うのが正解ではないでしょうか。

外壁塗装の費用は外壁の劣化具合や塗装面積が分からないと計算できない

外壁塗装の費用はさまざまな要素から成り立っていますが、特に外壁の劣化具合や塗装が必要となる面積によって大きく左右されます。
したがって正確な計算が必要な場合には、実際に施工を予定している会社のスタッフに現地を確認してもらい、その上で見積もりをもらって判断するのがよいでしょう。
簡易に外壁塗装の費用を計算するのであれば、通常は単価と広さの掛け算で求めた金額を用いますが、この場合であっても塗装面積は最低限わかっていることが前提です。
そのため新築時から保存しておいた建物平面図に記載されている寸法を活用するか、あるいは実際にメジャーで建物の寸法を計測しておくと、費用の目安を知るための手がかりとなります。
また外壁の劣化具合によっては、高圧洗浄機による汚れ除去、シーリングの打ち替えやサビ落とし、ヒビ割れの補修などといった下地調整の作業がよけいにかかるため、費用が高額になりがちです。
こうした下地調整の作業をおろそかにすると、後の外壁塗装のクオリティに響いてくることがあります。

外壁塗装の保証で対象になるのは外壁塗膜の剥がれのみ

外壁塗装を行う場合、保証がどのようになっているか気にしておく必要があります。
この外壁塗装の保証と言うのは、すべての面に適用されるわけではありません。
ある意味これが適用されれば、何か問題が起こった場合でも非常に負担が小さくなるのは間違いないでしょう。
しかしながら、これが存在しなければ金銭的な負担が大きくなる可能性が高いです。
ただ、すべての便でこれが適用されるわけではなく、限定的に解釈すると良いかもしれません。
ではどのような場合使われるかと言えば、塗装のはがれのみになります。
塗装のはがれと言うのは、言葉のままですが実際に塗装が図れるような事はほぼありません。
よほどいいかげんな感じで行わない限り、まずこれが利用される可能性はないといえます。
料金が安いところは、このようなものがないケースが多いですが、実際にはあってもなくてもそれほど大きな違いはありません。
契約の時、どの範囲で利用できるかは確認をしておいた方が、後のことを考えると良いかもしれないです。

外壁塗装工事の費用は現金払いが一般的?

外壁塗装の代金は現金払いが一択と認識している人も少なくありません。
外壁塗装の支払いには、現金以外にもリフォームローン、クレジットカード、財形貯蓄といった選択肢があります。
リフォームローンは文字通り、リフォーム工事を対象としたローンです。
施工業者が提携している金融機関で組むのが一般的ですが、自分がメインで利用している銀行を選ぶこともできます。
利息が上乗せされるのでトータルの支払いは高くなる反面、まとまったお金がない人も無理なく返していけるのが魅力です。
クレジットカードも同様に分割支払いによる利息の上乗せはありますが、月々の支払いは安く抑えられます。
財形貯蓄は、勤務先から支給される給料から毎月天引きする形で積み立てている預金を使う支払い方法です。
利率が高く税金を抑えられるというメリットはありますが、勤めている企業が制度を設けていないと利用できません。
施工業者ごとに対応が違うので、自分が希望する支払方法があるか調べておく必要があります。

外壁塗装で補助金を使うことができるケースとは?

外壁塗装は大切なリフォームですが、外壁をすべて塗り替えるとなるとそれなりの費用も発生します。
できることなら、少しでも費用は抑えたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
塗料を安いものにすれば、工事費もそれだけ安くなります。
そのかわり、仕上がりに満足ができない可能性もありますし、耐久性が劣るということは理解しておきましょう。
高額な塗料は高くつきますが、仕上がりも良く、長期に維持できるというメリットがあります。
外壁塗装では、補助金が出る場合もありますので、どのような場合に利用できるのかも確認しておきましょう。
補助金をもらえる条件では、建築基準法を遵守していることや遮熱タイプや断熱タイプなど、特殊な塗料を利用することなどがあげられます。
このほかでは、自治体が定める業者に依頼することや、工事の着工前に申請することなども条件としてあげられます。
助成金を利用できる条件や、金額、期限などは自治体によっても違いますので、問い合わせてみることをおすすめします。

外壁塗装工事で火災保険が利用できることがある

マイホームを新築した際には火災保険に新規加入するケースも多いといえます。
字面だけを見れば火災があったときの被害のみ補填されるような印象を受けますが、実際にはその適用範囲は幅広く、外壁塗装をしたいときなどにも使える可能性があります。
保険契約の内容や限度額にもよりますが、基本的に火災保険は火災のほかにも落雷や爆発、台風や降ひょう、降雪などの自然災害があった場合の被害に充当することができます。
たとえば降ひょうによって外壁にひび割れができてしまったり、台風で雨樋が引きちぎられるのと同時に外壁の塗膜もはがれてしまったといった被害があれば、申請により保険金が下りる可能性があることを意味しています。
もちろん被害を示す証拠写真や工務店からの工事の見積書などのさまざまな書類を添付する必要はありますが、外壁塗装をしなければならなくなった原因が自然災害であることが明白ならば、トライしてみる価値はあるといえるでしょう。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装のよくある疑問

当サイトでは業者選びをする前に知っておきたい、外壁塗装のよくある疑問にお答えしています。外壁の塗り直しに関して不明点がある場合には役立つ可能性があります。アクリル系の塗料は外壁の塗装の中でも最もグレードが低く安価な塗料です。費用を抑えて塗装する必要がある場合の選択肢の1つとなります。外壁の塗装は見積もりを複数の塗装会社に依頼して、相場を把握するのがおすすめです。そうすれば納得の施工料金で塗装が出来る可能性が高まります。

Search